読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クラウドファンディングやってみた

fintech 企業分析

クラウドファンディング事業って儲かるの?で、購入型のクラウドファンディングはなかなかマネタイズが難しいことが分かった。でもとりあえず実際にいくつか支援してみた。

<寄付型>

Japan Giving

教育、発展途上国支援、環境問題、動物愛護などのプロジェクトが多い。寄付は500円からできるとのことで、3000円くらい寄付してみた。寄付から15%を除いた金額がプロジェクトオーナーにわたる仕組み。金額にもよるが、あくまで寄付なのでお返しはThanks letter程度のものが多い印象。同じ会社(JGマーケティング)が運営している、Shooting Starもチェックしてみたけど、すべてのプロジェクトが終了していて、参加できるプロジェクトがなかった。。JGマーケティングは今年1月にHome'sを運営しているネクスト社の子会社となっている。不動産特化型のクラウドファンディングを始めるということで、先発のマネオや、この春このドメインに参入するCampfireとも競合関係になりそう。

<購入型>

Campfire

ゲストハウス作りたい、イベントをやりたい、食品を広めたいなどのプロジェクトが多い。お返しはイベントの参加券や食品など、プロジェクトによって様々。お返しがある分、寄付型よりは一口の金額が大きい。1件試しに参加してみたところ、表示されている一口あたりの金額に、システム利用料の216円が加算された金額がされた。all or nothing形式のものと、all in形式のものがあるが、私がやってみたのはall or nothing形式のものなので成立してほしいなあ。

Ready for

いつのまにか READY FOR?からReady forにロゴが変わってた。Japan Givingとテイストが近いけど、All or nothing形式のみなのが違い。

Makuake

Campfireに似ているが、よりガジェット系が多い。「へーこんな商品もあるんだー」と見ていて楽しい。人道支援系プロジェクトだと、Facebookなどの他メディアで共有されない限り支援しないけど、ガジェット系や食品系なら面白いからクラウドファンディングのプラットフォーム上で検索して買いやすいと個人的には思う。

融資型のクラウドファンディングも増えてきたらいろいろ試してみたい。