読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今更だけどSaaSって何?

一時期、Salesforceがものすごい頻度でCMをやっていた。旅館の事業の効率アップのCMだったので、てっきり日本の会社だと思っていたのだが、Twitterの買収をSalesforceがするしないという話を聞いて初めて、Salesforceがアメリカの企業でしかもすごい伸びている会社だと知った(超遅い)。ちょっと調べてみたらSalesforceSaaSビジネスの代表格だといろんなところで書かれていたので、備忘のためまとめてみた。

SaaSビジネスって何?

SaaSはSoftware as a serviceの略語で、直訳すると「サービスとしてのソフトウェア」。従来型のソフトウェアは、CDROMでインストールしたり、Webからダウンロードしてインストールする必要があったが、SaaSの場合はその必要がなくオンラインでの登録でOK。ユーザーはソフトウェアのライセンス料ではなく、システムの利用料をサブスクリプションという形で月額払いや年払いで支払う。Google apps (G Suite)、DropboxSalesforceなどが有名。

従来型ソフトウェアと比べた、SaaSモデルの特徴

<ユーザー側>

・導入が技術的にも資金的にも簡単なので、簡単に始めたりやめたりできる。

・バージョンアップの度に買い替えなくて良い。

・他のサービスとの連携が簡単。

・処理速度に限界がある。

・セキュリティ面で不安要素がある。

<サービス提供側>

・従来型のソフトウェア販売で必要だったバージョンごとの保守が不要のためコストを削減できる。

・大型投資が不要で始められる。

・顧客単価が安価のため、顧客獲得方法を間違えると、全然儲からない。

・ユーザーが離脱する障壁が低いので、早期に離脱されると顧客獲得コストを回収できない。

SaaSの王者、Salesforceのすごさ

これに関しては、すごいわかりやすいブログがあったので割愛。

https://note.mu/shibataism/n/nac7827894ae1

3行でまとめると

・創業から7年で約550億円売上を達成。

・中小企業にも大企業にも売れるセルフサーブで(営業リソースを最小限で)売れるプロダクト。

・AI関連の小粒の会社を買収して自社プロダクトに取り込むのが上手。

 

SaaSのプレーヤーを調べるとどうしても米国企業が多い・・・日本でもSalesforceみたいな会社が生まれるといいなあ。。。